はんだ付けの正しい基礎知識と技術を習得する

はんだ付け検定

オフィシャルWEBサイトはこちら

講習・検定を予約する

はんだ付け検定とは?

はんだ付けの正しい基礎知識と技術を習得する
安全で品質の良いはんだ付け作業を行える技能認定者であることを認定する
「はんだ付け検定」は JIS 規格に準拠しています


マンガで見る はんだ付け検定の効果 

今、様々な企業団体で、日本はんだ付け協会のはんだ付け検定が選ばれています!

はんだ付け検定が選ばれる理由!

  • 会社の信用がUP!

    自社のはんだ付け技術を証明
    第3者機関の認定

    ISO9001対策としての
    はんだ付け教育と技能認定

  • 管理者の負担を軽減!

    社内の品質レベル、意識を統一

    受験者の技術力と弱点がわかる
    検定結果報告書

  • 受験者のスキルを証明!

    技術者としての地位を保全

    はんだ付けの認定作業者として
    登録(履歴書、経歴書に記載)

  • 6年間で

    はんだ付け講習 受講者 2,775名

    はんだ付け検定 受験者 1,718名

    はんだ付け検定 合格者 1,209名

    一部上場の大手メーカーや、大学教員高校生や中学生まで、幅広く技能認定者を輩出

はんだ付け検定の種類

はんだ付け検定は全部で3種類に分かれています。
受験料と教材については【つづきを読む】をクリックしてください。

はんだ付け検定3級

趣味や実用、電子工作などに必要な、初級レベルの基板実装やコネクタ端子へのはんだ付け作業の技能認定です。
共晶(鉛入り)はんだをご使用の方はこちらをお選びください。(一般の個人の方にもお勧めです)
受験費用 受験料:18,000円(+送料500円+税)(受験教材費を含みます。)
※送料を500円お願いいたします。受験票、認定証や合格バッジの発送費用として
試験科目 ■ 筆記試験 50分
共晶はんだを使ったはんだ付けに関する基礎知識を問います。講習時にお配りするレジュメから出題致します。講習を受けずに検定のみの方は、下記のテキスト「目で見てわかる はんだ付け作業」でも対応して頂けます。

■ 実技試験 120分
リード線の被覆処理やカラゲ処理、タグ端子、カップ端子へのはんだ付け、表面実装、DIP、アキシャル・ラジアル、SOP部品を共晶はんだを使ってはんだ付けしていただきます。
3級対応の公式教材
  • 観るだけでわかる!
    はんだ付け基礎知識講座 ver.3
    (共晶・鉛フリー対応)
    (DVD 123分)¥25,000+税

    詳細はコチラ
  • 現場で役立つ
    最新はんだ付けテクニックと応用技術
    (DVD 2枚組)¥30,000+税

    詳細はコチラ
  • 目で見てわかる はんだ付け作業
    ¥1,600+税(日刊工業新聞社)

    詳細はコチラ

これらの内容に沿って出題されます。

3級検定で実際に
使用する実技教材

事前に実際の基板で体験・練習して頂けます!

勉強方法についてまとめたページはこちら 

はんだ付け検定2級

電機・電子関係の製造業では鉛フリーはんだの使用が一般的になっています。
初級レベルの基板実装やコネクタ端子へのはんだ付け作業の技能認定です。鉛フリーはんだをご使用の方はこちらをお選びください。
受験費用 受験料:19,000円(+送料500円+税)(受験教材費を含みます。)
※送料を500円お願いいたします。受験票、認定証や合格バッジの発送費用として
試験科目 ■ 筆記試験 50分
共晶はんだと、鉛フリーはんだを使った、はんだ付けに関する基礎知識を問います。講習時にお配りするレジュメから出題致します。
検定のみの方は、下記の2冊のテキストでも対応して頂けます。

■ 実技試験 120分
リード線の被覆処理やカラゲ処理、タグ端子、カップ端子へのはんだ付け、表面実装、DIP、アキシャル・ラジアル、SOP部品を鉛フリーはんだを使ってはんだ付けしていただきます。
2級対応の公式教材
  • 観るだけでわかる!
    はんだ付け基礎知識講座 ver.3
    (共晶・鉛フリー対応)
    (DVD 123分)¥25,000+税

    詳細はコチラ
  • 現場で役立つ
    最新はんだ付けテクニックと応用技術
    (DVD 2枚組)¥30,000+税

    詳細はコチラ
  • 目で見てわかる はんだ付け作業
    ¥1,600+税(日刊工業新聞社)

    詳細はコチラ
  • 目で見てわかる はんだ付け作業-鉛フリーはんだ編
    ¥1,600+税(日刊工業新聞社)

    詳細はコチラ

これらの内容に沿って出題されます。

2級検定で実際に
使用する実技教材

事前に実際の基板で体験・練習して頂けます!

勉強方法についてまとめたページはこちら 

はんだ付け検定1級

近年、超小型化する電子部品の実装に対応できる技能を問うものです。
実技試験には、2級で要求される鉛フリーはんだを使った基礎的技能の他、 実体顕微鏡や拡大鏡を用いてはんだ付け作業を行う1005表面実装部品や、QFTなどの実装が含まれます。
1級合格者であれば、ハンダゴテを使った電子部品のはんだ付け作業への対応は万全と言えます。
受験費用 受験料:20,000円(+送料500円+税)(受験教材費を含みます)
※送料を500円お願いいたします。受験票、認定証や合格バッジの発送費用として
試験科目 ■ 筆記試験 50分
共晶はんだと、鉛フリーはんだを使った、はんだ付けに関する基礎知識。不良の発生原因に関する知識などを問います。講習時にお配りするレジュメから出題致します。検定のみの方は、下記の2冊のテキストでも対応して頂けます。

■ 実技試験 140分
リード線の被覆処理やカラゲ処理、タグ端子、カップ端子へのはんだ付け、表面実装(1005サイズから)、DIP、アキシャル・ラジアル、QFT,SOP部品を鉛フリーはんだを使用し、実体顕微鏡を使ってはんだ付けしていただきます。
1級対応公式教材
  • 観るだけでわかる!
    はんだ付け基礎知識講座 ver.3
    (共晶・鉛フリー対応)
    (DVD 123分)¥25,000+税

    詳細はコチラ
  • 現場で役立つ
    最新はんだ付けテクニックと応用技術
    (DVD 2枚組)¥30,000+税

    詳細はコチラ
  • 目で見てわかる はんだ付け作業
    ¥1,600+税(日刊工業新聞社)

    詳細はコチラ
  • 目で見てわかる はんだ付け作業-鉛フリーはんだ編
    ¥1,600+税(日刊工業新聞社)

    詳細はコチラ

これらの内容に沿って出題されます。

1級検定で実際に
使用する実技教材
  • コネクタ・ケーブルはんだ付け教材 ¥1,200+税

    詳細はコチラ
  • 基板実装微細はんだ付け教材
    (基板実装と共用)¥4,600+税

    詳細はコチラ

事前に実際の基板で体験・練習して頂けます!

勉強方法についてまとめたページはこちら 

講習・検定を予約する

受験者の問題点と改善方法を写真入りで解説!

検定結果報告書の例

ラグ板・コネクタ・基板 それぞれどのはんだ付け箇所にどのような不具合が発生しているのか?
加熱しすぎ?熱量不足?はんだ量は適正?といった受験者のはんだ付けの不良箇所を拡大写真上で指摘し、改善のためのアドバイスを添えて結果報告いたします。

受験して合否が出て終わり…ではなく一人ひとりに的確なアドバイスをお伝えすることで受験者、管理者共に、現在のはんだ付け技術の問題点を把握して、改善することが出来ます。
「確実にスキルアップが図れる検定」です!

検定合格者には認定証とバッジ、認定者カードをお送りします。ダウンロードしてお使いできるロゴもあります。

  • 認定証とバッジ、認定者カード

  • ダウンロードしてお使いできるロゴの例

講習・検定を予約する

お客様の声

理工系大学・高専・工業高校の皆様へ

はんだ付け技術の指導に本当に必要な知識、技術を学ぶことができます

先生が授業で1~2時間、はんだ付けを教えるのを目的とする場合、見よう見まねで覚えたことを、そのまま教えるのは社会的損失です。
日本では、せっかく多くの方が授業ではんだ付けを体験するものの、ほとんどの方が勘違い・誤解をしたまま社会に出て行きます。
ものつくり日本の根底を支える根幹技術である「はんだ付け」の正しい指導を実践しましょう。

メーカーから本当に必要とされるはんだ付けの知識、技術が習得できます

実は、メーカーでも「はんだ付け」の正しい基礎知識と技術を持つ方はごく少数です。
工業系の高校、専門学校、大学の卒業生が「はんだ付け」の正しい基礎知識と技術を持っていることは、就活の際に大きな利点となります。
商品開発のための設計には、はんだ付けの正しい知識が必要です。また、開発者が試作する際や、試作を依頼する時にもはんだ付けの知識は必須になります。

講習・検定を予約する

ロボコンで原因不明のバグが発生することが無くなります

(ロボコンに勝利するためには、はんだ付けの正しい基礎知識が必須です)
ロボコンでは、課題をクリアするための、アイデアや機構、プログラムが大きなウエイトを占めますが、リハーサルや予選、本選でロボットが思った通りに動かないトラブルが結構多いと思います。
プログラム的なバグももちろんありますが、実は、はんだ付けが原因のハード的なバグが多く発生しています。

はんだ付けはくっついていたら電気が流れると思い込んでいる人が多いですが、不完全なはんだ付けは、動作のたびにノイズを発生させたり導通不良により、ときどき異常が発生するなど非常にわかりにくいトラブルを起こします。(原因不明のまま終わってしまうことが多い)また、はんだ付け部には応力を掛けてはいけない、半導体部品には熱を掛け過ぎてはいけない、などの基本的なことがわかっていないと、不具合が発生しても根本的な対策が打てません。
はんだ付け技術はロボットの設計、開発に必須の知識・技術であると言えます。


TOP